📖美学No. 70《小さき者へ 生れ出づる悩み》

By waltzblog 2 comments

有島武郎 著 人間肯定、人道・博愛主義、生命賛美を唱える文芸思潮「白樺派」の一人が有島武郎。1916年有島38歳の時に、妻と父を相次いで亡くし、これが転機となり本格的に作家活動に入る。「小さき者へ」は、母親を亡くした幼い […]

🎨美学No.69《CLAUDE CAHUN》

By waltzblog No comments

クロード・カアンの写真集である。と言っても、この名前を知っている人はなかなかいない。日本で刊行されている本もない。表紙の写真は1928年に撮影されたセルフポートレートだ。こちらを見つめる視線はどこか虚無的だが、鏡に映って […]

🎥美学No.68《奇跡の海》

By waltzblog No comments

愛から生まれた無垢で切ない「善意」の物語。デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督・脚本、この作品がスクリーンデビューとなったエミリー・ワトソン主演のこの作品は、1996年カンヌ国際映画祭審査員グランプリ他、数々の賞 […]

📖美学No.67《 アリス・B・トクラスの自伝 》

By waltzblog No comments

ガートルード・スタイン 著 Rose is a rose is a rose is a rose.   薔薇は 薔薇で 薔薇は 薔薇だ 「20世紀の文学は、1本のバラと共に始まった」と文学者に言わしめた言葉。ふと思い浮か […]